敵はいただくぜ

アクセスカウンタ

zoom RSS E-2甲はやはり難所だった

<<   作成日時 : 2015/02/15 21:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

E-1に引き続き、E-2も甲で挑んだ俺である。51cm砲欲しいしな。

このステージは、E-2-Fに手強いのがいるということで、回避するために小型艦中心で進むか、力攻めで行くかという択一を迫られるわけだが、結局ボスを倒せなければ意味が無い、ということで力ずくで行く選択を取った。この手段を取った理由は他にもあり、ボスの航空戦力が特に甲では強化されているという点もある。つまり、連れていける限りの空母、軽空母で航空優勢にまで持っていく、というわけだな。
途中までは空母戦力は大鳳、龍驤、瑞鳳だけで十分だったのだが、最終段階になってさらに空母が増えたことでこちらも強化の必要に迫られたので、さらに瑞鶴をプラス。こんな感じでボス最終形態相手に航空優勢は取ることが出来た。…別にこの面子にしたことについて他意はないぞ?
画像

この戦力と決戦支援艦隊の力を借りて、何とかボスの撃破は出来たってわけだ。言い換えると、最後の最後でS勝利取れなかったってことだけどな。まぁ、主目的はそこじゃないのでよしとすべきだろう。勝ちは勝ちだからな。
画像

画像

これによって、強力な装備をゲットである。特に51cm砲は甲作戦じゃないとゲットできないというから、頑張った甲斐があったってなもんだ。まぁこの砲は大和型および長門型改しか持てないというから、高速艦を基本的に使っている俺にはジョーカーとして取っとくようなものだろうけどな。
画像

画像

そういやぁ、道中でようやく初風をゲットすることに成功した。これで厄介な3-4回しとかをする必要はなくなったということだな。安心してE-3に臨めるぜ。
画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
E-2甲はやはり難所だった 敵はいただくぜ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる