テーマ:艦これ

平戸は間に合わなかったが…

年が明けてからは、今までの海域で堀作業をしていた俺である。 今回ドロップでゲットできるのは重巡、軽巡、駆逐、海防艦がそれぞれ一人ずつ、ということでここは戦闘力の高い順だろうとE-4から攻めてみた。ここだけ、乙なんで難易度高い順でも合うしな。…と言っても東京へ戻るまではプレイ機会に恵まれなかったわけだが。 ようやくまとまっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年中に間に合ったぞ

最後のツメを進める俺である。 どーせ丙だし、このままぶっこんでもいいかな~?とは思ったものの、ルート開拓によりボスマスまでの戦闘回数を減らせるという点は見逃せなかった。やはり弾薬による戦闘力の減衰は無視できない問題だからな。そういうわけで… 一度空母機動部隊を編成して上の方にいる空母棲姫をしばいてみたり、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残り半歩、今年中に間に合うのか?

どーせ最後は掘りも無いんだし、丙でとっとと終わらせたいと考えている俺である。 まずは輸送作戦ということで輸送部隊を編成…と行きたいところだが、ボス前のタ級は輸送部隊だと荷が勝ちすぎるんで水上部隊に任せる。これだと対潜を考慮する必要が出てくるんでその手の面子も入れたんだが、さすがに相手が5体で来られると手数が間に合わず先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さて、あとひとつだ

E-5後半戦に突入した俺である。 どうやら空母棲姫も改造版がでたようで、今までのやつとは表情が違っている。こうなると、こっちも本腰を入れねばならんなぁ。というわけで以下の面子で挑むことにした。 第二艦隊は対潜に特化させちまい、第一艦隊(と基地航空隊)でケリを付けてしまおうという算段だ。実際、夜戦では木曾以外全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宣言通り、ここからは丙だ

そろそろ、札分けも厳しくなってきたし、終了時期も発表されたんでE-5以降は丙で進めていく俺である。 最近だと、序盤に出てくることの多い潜水艦潰しだが来たのはこのタイミングである。そういう意味でも、ここで(他マップと使いまわしの効く)丙にする必要があったってわけだ。なにせ…、 こういう面子を揃えようにも、文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乙で挑むのはここまでにするか

E-4攻略、後半戦を進める俺である。 お相手は、今回初登場のバタビア沖棲姫だ。ちなみにバタビアとは、インドネシアがオランダの植民地だった頃のジャカルタの呼び名である。 そして後半戦のメンバーはこんな感じ。水上打撃部隊にするため、第一艦隊だけ変更した形だな。道中に空襲マスがあったので朝風を照月あたりに変更す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

E-4でまた難易度を上げてみる

E-4は、丙だと装備品がゲットできないとのことなので乙で挑むことにした俺である。 まずは輸送作戦ということでこの面子で挑む。輸送作戦ではいつものことだが、やはり火力面でキツイんよな。しかも索敵値が微妙な線で、無改造の零式水偵ではたまにランダムで失敗するもんだから、紫雲を引っ張り出す羽目になっちまった。こりゃ、水偵の改造…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

E-3もクリアである

E-3も後半戦というやつである。 この奥にいる戦艦水鬼を叩き潰そうってなわけだが、ここに至るまでのルートは前半戦とほぼ同じ。一応、水上戦が1戦多くなっているもののだからどうしたという程度でしかない。仮に少々手こずってもこちらがもう少し戦力を揃えればいいってだけだしな。 …と言ってみたが、実際は速吸→日進に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

E-3は丙で進めていく

結局、E-3は丙にランクを落とすことにした俺である。 まずは二段構えになっている敵編成のうち一方を潰す算段だが、ここは鬼や姫ではないので登場時のカットインはなし。HPは高く設定されているとは言え、どうにも拍子抜けしではある。まぁ、その分戦闘力も低めってんならこちとら大助かりなわけだが。 まず今回はこの面子で挑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

E-2はサクッとこなしてきた

E-2も引き続き、乙で攻略を開始した俺である。 今回はこの重巡棲姫を倒せばOKという話なので前回のようなややこしい話はない。…もっとも、E-1の集積地は大発、内火艇といった地上攻撃が揃っている俺にとっては憂さ晴らしでしかなかったが。ともあれ、二段階構成になっていないというのは実にありがたい話だし、ここで掘る艦もないのでさっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少々のんびりやりすぎたか?

E-1の後半戦をのんびり進めていた俺である。 今回は相手がただの巡洋艦ということで、前半戦のサンドバッグ集積地棲姫のような登場時のカットインは無し。どうにも拍子抜けする話だが、以下の面子で挑んでみた。 …というか、前半戦から装備を変えた&レベルアップで峯雲が改になっただけで基本的な面子は変更なしだけどな。流石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まずは小手調べ

毎度毎度のイベント海域に、少々遅ればせながら参戦した俺である。 大規模作戦ということで、最初っから二段階編成になっていたりと手間の掛かりそうな話になっているんで、ここは全部丙でいいかな~?とか思ったりもした。…のだが、貴重な戦闘詳報をゲットできるとあっちゃぁまずは乙で挑むしかないだろう。 そんな最初の砦を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友軍のウォースパイトが決めてくれました

最後は友軍の到着を待ってから動いた俺である。 空母機動部隊のほうが道中の弾薬消費を抑えられること、そしてイタリア駆逐艦は友軍部隊で使ったほうがいいということでこういう編成になった。前ステージを甲でクリアしていればヴェールヌイ以外の集積キラーを投入できたのだが、こればっかしは是非もなし、というやつだ。大発戦車をもう一つ揃える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルート開拓に手こずってしまった

E-3海域に友軍は来ないのか~!と叫びたい俺である。 まぁ叫べば友軍が来てくれるんだったら苦労はしないわけで、そこんとこは自力でなんとかする必要があるってわけだ。なので敵の弱体化と弾薬消費の軽減を図れるルート開拓をこなそうではないかという話になる。後述するが、最後の一手が一番キツイんだよな。最後の一手がな。 まず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

E-3も乙で行く

前回の勢いを以って、さらに攻略を進めていく俺である。 まずは前半戦、ということで泊地水鬼を叩き潰す話から始まる。ルートの都合上、3戦目にボス到達できる(対潜はノーカンだからな)のはいいが、肝心のボスマスが遠いという難点もついて回った。ここに来て陸攻が12編成無いということが発覚したため、一気に総攻撃!と行かなかったんよな。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乙ならまぁこんなもんか

引き続き、E-2後半戦に取り掛かる俺である。 今回初登場の深海地中海棲姫は、軽巡系ということで三式弾やWG42を外して挑むことになった。また、乙作戦に難易度を落としたので制空をさほど気にする必要が無くなった、というのも大きいポイントだ(どのみち基地航空隊が潰してくれたけど)。この難易度ならなんとかなるってわけで、実際削…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャーマン戦車は惜しいがやむなし、か

E-2攻略に手間取っていた俺である。 やはり戦車部隊は要るからなぁ、ということでE-2も甲で始めた俺はなんとかあと一歩で前半戦を突破、という所まで進めることはできたわけだ…が、どうにもラスダンがにっちもさっちも行かない。ここさえ越えればあとは友軍艦隊の実装を待つという手も取れるのだが、如何せんそれは越えなければどうにもなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肝心なときに肝心なやつが仕事してくれないと困るわけだが…

前回から燃料の備蓄が完全とは行かない状態で夏イベに臨むことになった俺である。 とはいえ、春と違って全3面ということで消費量はそこまでではないだろう…もちろん、掘り作業次第ではあるけどな。そんなこんなで、まずはゲットできる装備品に旨味がありそうということでE-1は甲で挑んでみた。 まずはルート開拓ということで、イギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019春イベ 後日談

無事にコロラドまでゲットした後は、E-3回しをしていた俺である。 E-3では、友軍が来るまでの小休止で酒匂、大東をゲットしているので残るは海風、タシュケント、そして今回初登場の石垣だ。特に4スロの駆逐艦、しかもやどかり先生の画ともなればタシュケントは是が非でも欲しいトコだ、とういことでここを突き進んだわけである。 攻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よし、やってやったぜ

折角なので、E-5を友軍到着前に潰してしまおうと動いた俺である。 ラスボス・太平洋深海棲姫の鎮座するエリアは、水上打撃部隊でその横を通るとこのように暗雲を発見したというメッセージを見ることができる。…俺には雲ってよりもブラックホールとかダークゾーンに見えるんだけどな。空母機動部隊ではここを通ることはないので貴重なものを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友軍が来る前にコンプリートできるのか?

土日に風邪で寝込んでしまい、進捗が進まなかった俺である。 遅れを取り戻すべくE-5攻略を急いでいるわけだが、まずは最初に見えてるクラゲ姫の討伐だ。ここは戦艦空母マシマシの力押しで挑める上に敵にしれっと混ざっている潜水艦も丙でなら第四陣形での先制対潜で潰せたので問題なし。 これで本命を叩けるわけだが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友軍なんざ待ちきれなかったので

友軍が到着する前にE-4をクリアしていた俺である。 ここからは丙作戦ってことで、使えるもんは全部使うぞの方向で動いている。まずはショートカットルートを出現させるためにJ、Tを空母機動部隊で潰しに行ったり、 水上打撃部隊でSマスの敵を潰しに行ったりという寸法だ。これを乙以上でやるとなると、戦力を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イベント海域 閑話

ちょっとばかし、イベント海域攻略を中断してE-2、E-3で堀りに勤しんでいた俺である。 ここまでで未所持かつE-3まででゲット可能な連中は以下の通り。 ・海防艦 大東、石垣 ・駆逐艦 浜波、涼月、海風、Ташкент ・軽巡 酒匂 そういうわけで、E-2の輸送ボスとE-3で北方棲妹相手に戦い続けていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

E-3クリア、未だ石垣はゲットできず

E-3のショートカットマスが開放されたので、攻略を続ける俺である。 今回の相手は北方棲妹…って、ほっぽちゃんこと北方棲姫の妹かよ!姉妹揃って置いてけ置いてけとどこぞの薩人マシーンみたいな口ぶりなのも共通か。もっとも、こっちのほうが「きさんの首は要らん」って感じで物騒だけどな。ともあれ、陸上型ということで攻略する必要があるっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

E-3前半戦を制したところだが…

勢いに乗ってE-3に進んだ俺である。 ここは甲でクリアすれば報酬がウマイとのことだが、流石にそこまで行く気はないので乙で妥協である。まずは現在見えている敵をぶっ叩く、ということでこの面子で出撃することにした。航空戦力は軽空母×2では心もとない気もしたが、初戦で軽空母×2が出ない限りは優勢を取れたのでOKといったところだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

E-2攻略完了である

E-2輸送と攻略サイドの開放を完了したので、戦いを続ける俺である。 正直、ここは到着するまでが大変という印象であった。空母無しで空襲マス×3のコンボを凌ぐというのは正直キツイものがある。航空戦力には航空戦力で対抗する、という定石に従わせてくれと言いたい所だ。今回、大破撤退する理由の大半がここだったな。ボス前の戦艦は基地航空…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここを乙で行く必要があるんだよな

E-1をサクッとクリアしたところで、E-2攻略に進んだ俺である。 まずは輸送作戦ということで、敵ボスの旗艦を倒す必要がないのはありがたい話だ。とはいえこの手の話は輸送品と戦闘力のジレンマに悩まされるんだけどな基本。まぁここでは未入手の奴らも出てくるんで、戦闘重視で行くことにしたわけだが。 だが、蓋を開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和初のイベント海域、開幕ってやつか

まずは令和になって初の書き込みである。 今回は金剛やら赤城やらの改装に伴って設計図の大盤振る舞いをやるらしく、できれば乙以上で行くのが良さそうということでE-1は乙で始めた次第である。ちなみに金剛改二丙はもうやったのだが、あんなカットインがあると気づかず撮り忘れたのが無念である。赤城では取り逃がさんぞ~。 そんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6-3からの諸々をこなしてみたり

さてさて、旧版からの復旧作業も最後のとこまで進んだ俺である。 まずはかつて果たすことのできなかった設営隊のゲットである。難易度はかつてと変わらず、かつこちらの戦力が充実しているとあって上手いことS勝利を果たすことができた。これで一つ、過去から一歩進めたということだな。 一度S勝利を果たすことさえで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6-1、6-2攻略。未だ酒匂は来ず

なんとか、6-1、6-2まで復旧作業が進んできた俺である。 このステージは前回と編成が変わったわけではないので、基本的な攻略法はかつてと同じだ。まず6-1については、潜水艦中心に組んでの戦いってやつである。こういう風に、な。しかし、潜水母艦は相変わらず大鯨しか実装されていないんで、コイツを迂闊に改造できんのよなぁ。迅鯨型が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more