久々にBrandish Dark Zone

洞窟探索は続く?な俺である。

20200510_012.JPG
20200510_013.JPG

洞窟最上階の階段を登ると、そこは暗闇だった。暗くてかろうじて壁が分かる程度という場所だ。

20200510_016.JPG

また、ここは「悪魔の助けを得られる」という。つまりこのエリアに限っては悪魔シリーズの武器が使えるというわけだ。運が0になるというデメリットは消せないが、もともとこのパラメータの効果自体がよく分からんとこなので気にすることはなし。

20200510_014.JPG

このエリアは足元が見えないだけあって、落とし穴が大量に用意されている。鉄球とマッピングを駆使して地道に進むのが確実なんだろうが、敵も強いんでマッピングの際はユーティリティ画面を開いてからにしないとマズイだろうな。

20200510_017.JPG

また、ここには無限使用可能なファルシオンも落ちている。サーベルの出番は短かったな。ここだけで有効だ!ということで悪魔の剣を使っていると1度も使わない、なんて事態にもなりかねんわけだ。なんてこったい。

20200510_019.JPG

全国の石橋さんには申し訳ないが…、というやつだが場所的に「今更それかよ!?」と言いたくなるところに書かれているメッセージだ。なにせすでに落とし穴に落ちてダメージ食いまくったり、下の階層に落とされては登り直して…を繰り返したりした後だからな!

20200510_020.JPG
20200510_021.JPG

ここでは店なんて開いていそうにないなぁ…なんて思っていたらカジノがあったりする。実はRUINSにもあるんだが、まぁそこはそれってやつだ。店員は「遊び方は適当にやっていたら分かるので説明しない」とのこと。昨今のチュートリアルが鬱陶しいゲームには辟易している分むしろやりやすいとすら言いたいねぇ。

20200510_022.JPG
20200510_025.JPG

カジノで遊べるのはスロットマシンだ。それっぽいボタンがあるので適当に押していればなんとかなるが、基本的にこれは「如何にBARや7を揃えてボーナスゲームをやるか」に尽きるだろう。100単位で稼がなきゃならんというのに、小さい役でチマチマ稼いでいたんじゃ貯まらないからな。しかも、コインが減る役なんてのもあるし。そもそも俺は目押しなんていう高等技術は使えんので狙って止めるなんて芸当はできんのだけどな。

20200510_026.JPG

カジノで一しきり遊んだ後で階段を登ると、ようやく次のエリアへのムービーが流れる。ようやく最終ステージまで来た、ということだな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント